モラルハラスメント被害 女性の離婚専門 中央区京橋の女性行政書士東京よつ葉法務オフィス 03−3564−8177


   

このサイトは女性のモラルハラスメント被害を専門に扱っています

モラルハラスメント−
この言葉を聞いた事があるでしょうか?

「ハラスメント」と言うと「嫌がらせ」と訳される事が多いですが、ことモラルハラスメントに
限ると「嫌がらせ」と言う表現が適切ではありません。
モラルハラスメント、それは精神的な「虐待」です。
未だ認知度が低い言葉ですが、この言葉を知った女性の多くが
「私の苦しみには名前があった!」
と、ご自身の状況に光を見出します。

モラルハラスメントという言葉を知ったなら、ご自身の状況を理解できたなら、
次はそこからの脱出を目指しましょう。

自分がモラルハラスメントの被害者だと知ったら


ご自身がモラルハラスメントの被害者だとわかったら、なるべく早くその状況から
早く抜け出す事をお勧めします。
モラルハラスメントの被害者は、被害の渦中にある時はもちろんですが、離婚後や別居後等「その後」にも大変大きな影響を残す事になります。
モラルハラスメントは、重大な人権侵害です。目には見えない暴力です。

「モラルハラスメントは治りますか?」

良く寄せられるご質問ですが、残念ながら「大変難しいと思います」とお答えして
います。自己愛性の人格障害は、残念ながらその治療は大変難しいのです。
逃げられる足がある内に、お子さんへの影響が小さい内に、早く離れる事をお勧め
しています。